フランス語リーディング上達におすすめの教材

古典、現代フランス小説でフランス語を強し、フランス文化に浸りましょう。



1.星の王子さま
砂漠に不時着したパイロットが、遠い惑星から来た王子だと言う少年と出会うという、時を越えた寓話。簡単なフランス語で書かれています。大人の読み手にも満足できる知識が豊富に含まれています。


2.Bonjour Tristesse(1954)
”悲しみよこんにちは” フランソワーズ・サガンの著名成長小説。フランス語学習者にはとても役立つ、簡単なフランス小説です。父親の情事と格闘する17歳の少女セシルを通して、読み手をサガンの小説の世界へと誘います。多くの大学のフランス言語プログラムで人気!



リンさんの小さな子。 亡命と友情を語った可愛く、気取らない物語。リンは避難民で、バルクと会うまで孫娘と新しく訪れた街を彷徨っていました。バスクは妻に先立たれた男やもめ。2人は言葉が通じないながらも、お互い助け合う友情を築いていきます。



4.Les ames grises(2003)
 灰色の魂 灰色の魂(2003)。第一次世界大戦中のフランスの小さな村での小さな女の子がミステリアスに殺される殺人事件の話。戦争、死と愛という難しいテーマを題材にしながら、クローデルの素朴なスタイルとたくみで言葉使いの、フランス語を学ぶ理想的な小説です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...