Pages

フランス語学習で動詞は重要 です。 今日は、フランス語の規則動詞、不規則動詞の覚え方を紹介 。 好きな方法を3つ選んで、ミックスすて勉強することをおすすめします。でないとすぐに飽きてしまいますので。

フランス語動詞の勉強方法

 
フランス語学習で動詞は重要です。

今日は、フランス語の規則動詞、不規則動詞の覚え方を紹介

好きな方法を3つ選んで、ミックスすて勉強することをおすすめします。でないとすぐに飽きてしまいますので。



おすすめの本は:
 


(1). まずは、規則動詞の変化から覚えましょう

動詞活用は個別に覚えるしかないように思われますが、実は規則があります。この規則から覚えれば、一気に達成感が得られます。


フラ語動詞、こんなにわかっていいかしら?でこの規則をまとめています。

(2)書いて練習する

小学校に戻ったつもりで、プリントで練習する方法です。


フランス語 動詞活用ドリル CD付のような書き込み式の本で、毎日10分練習しましょう。書き終わったら、5回くらい音読します。

(3) 動詞活用表で暗記する

動詞活用表を、冷蔵庫などよく目につく場所に貼り、毎日5個ずつ、主語と動詞を続けて、大声で音読します。


目のみでなく、音読すれば、「話すと聞く」が練習でき、さらに効果的です。

(4)フラッシュカードを使う

なかなか覚えられない動詞は、フラッシュカードを作りましょう。表てに主語代名詞と動詞の原形を書き、裏に適切な活用形を書きます。


そして、表の主語を見て、動詞の活用形を声に出します。または、動詞の活用形を見て、対応する主語代名詞を当てます。

(6) 子供向けのフランス語絵本で勉強する

簡単な文で書かれた、子供用のフランス語本を読み、動詞を探してみましょう。声を出して読んでみて、その後、全ての人称で活用させてみましょう。


例えば、 il estを見つけたとしたら、

être の現在形人称をすべて書き出し、声に出して読みましょう。終わったら、他の動詞を探し、このプロセスを繰り返します。


上記の方法で、動詞の時制変化も勉強できます。


例えば、il est(3人称単数、現在形の時制です)なら、il a été(複合過去/過去形)や、 il sera(半過去/過去進行形)、il sera (未来形)に変化させます。



 
Copyright ©