Pages

フランス語でのEメールを書き方について。 書き出しと締めくくりのコツを紹介します。 今の時代、メールは間違いなく文字より重要ですので、張り切っていきましょう。

フランス語のEメールの書き方・マナー

 
フランス語でのEメールを書き方について。

書き出しと締めくくりのコツを紹介します。

今の時代、メールは間違いなく文字より重要ですので、張り切っていきましょう。

1.フランス語Eメールの書き出し

カジュアルなEメールは、Cher(女性形はchère) が日本語の「・・・へ」のように使われます。より正式な Eメール ではMonsieurが単独で使われます(Cher MonsieurでもOK)


次のようなフレーズや語彙が役に立ちます。

Cher Michel = Michelへ (男性形)
Chère Michelle  =  Michelleへ (女性形)
Chers Michel et Danielle = Michel とDanielleへ
Salut Daniel! = こんにちは、Daniel!
Bonjour (à tous)!  = こんにちは (みなさん)!
Coucou! =  やあ! (非常にくだけた形。友人間のくだけたEメールのやりとりに適しています)
Recoucou!  = ひさしぶり! (非常にくだけた形。友人間のくだけたEメールのやりとりに適しています)
Chers Collègues = 同僚の皆さんへ:
Monsieur = ○○様(男性)へ
Madame = ○○様(女性)へ
Messieurs -Dear Sirs
Monsieur le Directeur - ○○様へ (部長やCEO等に宛てる場合)


2.フランス語Eメールの締めくくり方

カジュアルな Eメール の締めくくりは次のようなフレーズが可能です。

Amicalement = 幸運を! (友人間)
Affectueusement... = ...愛をこめて
Gros bisous = 愛とキスを!

伝統的に、フランスのビジネスの対応は、つらつらと長ったらしい形式文が続きますが、メールでの対応においては、その傾向はなくなってきつつあるようです。

フランス人が書いたメール例とチャット例を用途ごとのブロックに分けて、文法事項、決まり文句を解説し、ポイントをわかりやすく整理しました。 

ビジネスなど正式な場面には:貿易実務のフランス語 Eメール実例集があります。


手紙・メールのフランス語
クリスティアン ケスレー 山下 利枝
三修社

 
Copyright ©