Pages

こんにちは!Yumiです。 父の転勤や留学があったお陰で、私は英語、フランス語、日本語の3カ国語をマスターしました。

回り道をしないフランス語の学習手順

 
こんにちは!Yumiです。

父の転勤や留学があったお陰で、私は英語、フランス語、日本語の3カ国語をマスターしました。



しかし、アメリカは10歳のとき、フランスは18歳の時に行ったため、、「ネイティブと同じ感覚で言葉を覚える」というわけにはいかなく、自力でかなり努力しました。


そんな経験を元に見つけた効率的な語学の勉強法を紹介します。フランス語、英語に限らず、外国語をマスターするには、次のプロセスを確信をもってオススメします。


Step1 発音はとにかく時間をかけて身につける。

私は、言語学習で一番重要なのが「発音」だと確信しています(断言)。発音が明暗を分けると言っても過言ではありません。



なぜでしょう?歌が上手い人は人前で歌いたがるのと同じで、私の知り合いの日本人を見ても、発音がいいと、フランス人とよく話したがり、すぐにネイティブと友達になります。その分その後の上達も早い。




一方、発音が悪いと、相手が「え?何言ったの?」って聞き返すと、すぐにしょんぼりして、声も小さくなります。その分話す機会が減り、上達が遅い。という悪循環に入ってしまうのです。


「語学勉強にお金は必要ない!」と主張する私ですが、発音を勉強するときだけは、フランス語教室に通って、ネイティブに発音をチェックしてもらいましょう。


具体的な方法は、こちらの記事を参考にしてください:


Step2 簡単な会話文を丸暗記してから、文法を覚える

発音をひと通りマスターしたら、簡単な日常会話と文法を一気にマスターします。


ここでのコツが:「会話文を丸暗記してから文法を勉強すること」。逆じゃダメですよ。



なぜこうするかって?文法はつまらないですよね。読んだだけで覚えられるものではありません。また実際の会話のとき、文法にいちいち当てはめていたら、話すスピードが遅すぎてしまいます。「ちょっと頭の遅い子」って思われますw



方法は簡単!NHKまいにちフランス語のような、会話文の後に、その会話文の文法を解説をしている参考書を使います。



まずは文法を気にせず、会話を丸暗記します。最後に、「こういう文法使ってるから、こういう文になるんだ」という風に、文法は補助として読んでください。



具体的な方法は、このブログの記事を参考にしてください:



Step3 単語を一冊しっかりマスター

簡単な会話を覚えたら、単語を一冊集中して覚えた方が、効率的です。

Step4 聞く、会話、書く、読むをすべてバランスよく練習する


単語と日常会話を覚えれば、理論上は結構話せるようになっているはずです。




でも実際はそれが出来ない方が多い。道具はそこにあるのに、使いこなせないのです。



なので、「聞く、会話、書く、読むをすべてバランスよく練習する」のです。




すべてをバランスよく」がポイントです。脳は不思議なもので、「五感すべて」を使った方が、上達が遥かに速いです。



「最近読解ばかりだったから、リスニングを練習しよう!」とか、「最近ペンを持ってフランス語を書いてないなぁからやろう」とか、



聞く、話す、書く、読むのどれかにかたよっていないか、常にチェックする習慣を付けましょう。フランス語の映画を見るのもいいでしょう。



具体的な方法は、こちらの記事を参考にいてください:

Step4 生のフランス語・英語に接する

教科書で習得できる知識を一通り終えたら、生のフランス語にふれましょう。 フランス人の友達を作ったり、オンラインフランス語学習を使ったり、とにかくたくさんネイティブと話しましょう。



具体的な方法は、このブログの記事を参考にいてください:
 
Copyright ©