フランス語単語の勉強方法

単語で短期間で成果を挙げたい場合は、



単語帳(単語のみが載っている本)を使うことをおすすめします。

単語を覚えるポイントは二つ:
  1. 右脳を使って覚える 
  2. CDで発音を確認する
です。




1番目は、わかりやすく言うと、「フランス語の単語を覚える時に、日本語で覚えない」こと。


例えば、une soeurは「姉」のことですが、これを、「une soeur → 姉」 と覚えないで、

こう覚えます:

une soeur → (あなたの姉の顔)

つまり、日本語の「姉」の代わりに、実際に「姉の顔」を思い浮かべながら覚えるのです。



もう一例:
froid→寒いではなく、

 です。




慣れないうちは、単語を覚えた「達成感」がないかもしれませんが、しかし、これを続けていけば、言いたいことを日本語に置きかえずに、直接フランス語で言えるようになります。その分、フランス語を速くしゃべれるのです。


これが実は、某語学教室で売りにしてた「赤ちゃんと同じ仕組みで言葉を覚える」学習法です。


単語帳に、CDがついていればこの作業が簡単に出来ます:

CDをかけると、「フランス語→日本語」が順番に読まれます。

フランス語が読まれるとき、をイメージしながら、口に出して発音をまねします。後に読まれる日本語は、答えが合ってるか程度に使ってください。



この学習法が使える初心者~中級者向きの単語帳をおすすめします:フランス語聴くだけのラピッド暗記単語帳 基礎編[CD]発展編(CD付)


また、いずれ仏検を受ける方は、仏検 準1級・2級必須単語集または、仏検 準1級・2級必須単語集 で勉強すれば、試験勉強にもなり、一石二鳥です。


一つ一つカンペキに前から覚えていくのではなく・・・まずはざっと一度最後まで目を通す。もう一度最初から最後まで目を通す・・・をくり返えしましょう。


最初から完璧を狙わずに、何回も繰り返すことが大事です。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...